医療分野でAI活用するメリットとは?ソフトウェア開発には重要な品質の高いプログラミング技術を持つ会社選びが重要

患者の高齢化による介護依存度の上昇は、特に看護師や介護スタッフの負担を増大させています。また、医療従事者の高齢化も見逃せない点です。将来的に、ますます人材不足となっていくのが目に見えています。

様々な問題を抱える医療分野において、将来の医療を劇的に進展させると期待されているのが、IoTやAI活用です。

ここでは医療分野においてAIが活用できるのか、AI活用のメリット、デメリットについてもご紹介します。

AIを利用したソフトウェア開発に取り組む企業は多く、品質の高いプログラミング技術の需要が高まっています。株式会社ピクシストは、医療、介護、健康管理に関するシステム開発のコンサルティングや特許検索など、医療分野のデジタル技術に特化したサービスを提供しています。品質の高いプログラミング技術を持つ会社選びの支援も可能です。デジタルヘルス分野のコンサルはお任せください。

医療分野でAIはどう活躍するのか

an active role

AIが医療に活用できるのか?といった疑問を抱いている人も少なからずいるでしょう。実際に医療従事者はAIなどの人工知能の専門家ではないため、医療現場での活用を心配する声もあるのが現状です。

しかし現代の医療現場は、患者や医療従事者の高齢化による負担増、病理医や放射線科医、麻酔科医などの不足、長時間労働など、様々な問題を抱えています。

そのため、医療ケアの質をも揺るがすような危機的な状況に陥っているのです。

高齢化に歯止めが効かない状況の中で、救いの手段として注目されているのが、IOTやAI活用といった新技術の導入でもあります。

AIが代わりに診断や治療を行ってくれることによって、医師の負担は大幅に減少することが期待されます。また、過疎地域の遠隔診療など人手不足によって十分に提供できなかった診療やケアが実現への期待も高まるでしょう。

医療分野への負担軽減という観点から、個々人がセルフケアへの意識を高めてもらうため、ウェアラブルデバイスの活用も重要です。既にAI技術を用いた介護ロボットなどの開発・活用も進んでおり、患者の介護依存度が上がっている医療の現場においても活躍が期待されます。

医療分野でのAI活用!メリット・デメリットを知ろう

Utilization of AI in the medical field

医療分野においてAI活用の期待が高まっており、国内外でソフトウェア開発も盛んに行われています。AI活用のメリットやデメリットについて詳しくご紹介しますので、参考にしてください。

医療分野におけるAI活用のメリット

メリットとしてはまず医療従事者の時間外労働、残業時間の軽減が挙げられます。特に時間を要するのが、救急患者の対応で緊急の検査や手術が入り、ICU(集中治療室)への移動、ご家族への説明や入院の手続き、案内などです。事務スタッフが不在の夜間などでは、医師や看護師が代わりに行うこともあります。

AI活用により診断や治療のサポート、データの収集・整理などといった事務作業の効率化が叶えば、医療従事者の負担を軽減することができるでしょう。

また、時間外労働や残業などでスタッフが疲労していると、ヒューマンエラーを起こしやすくなります。AIを活用すれば医療的なミスの軽減につながり、安全で適切な医療を提供できるといったメリットもあるのです。実際にロボットによる手術支援なども進んでおり、不眠不休でも正確な作業ができるAIの活躍が期待されています。

医療分野においてAI活用のデメリット

デメリットとしては、AIを完全に信用できるかどうか、といった点につきます。医療従事者はAIについて詳しく理解しているわけではないからです。また、現場に即したAI活用のためには、技術開発の時点で医療従事者や元医療従事者であった人の意見や経験を企業が理解し、開発に役立てることが重要です。

AIは機械であるためバグやトラブルなどといった点も、不安要素として挙げられます。

ソフトウェア開発の段階でプログラミングの信頼性を高めるようなアプローチも重要です。

ソフトウェア開発に必要な品質の高いプログラミング技術を持つ会社選びをサポート

医療分野において、AI活用などの新技術を導入するニーズがますます高まりを見せています。今は診療という場面においてAI活用は限局されたものとなっていますが、今後は広く活用されることは明らかです。信頼性を高めるためにも、品質の高いプログラミング技術力を持った会社選びが重要です。

株式会社ピクシストは、医療分野におけるデジタルテクノロジー導入を支援しており、医療や介護、健康管理に特化したソフトウェア開発のご相談を承ります。またソフトウェア開発のコンサルティングの他に、先行技術調査、無効資料調査、パテントマップの作成も行っていますので、お気軽にご相談ください。

コラム一覧

  1. デジタルヘルスのコンサルやアプリ・システム開発をお考えの方はご相談を!費用の見積りはお気軽に テクノロジーの進化とヘルスケア
  2. デジタルヘルスのシステム開発前調査・コンサルは株式会社ピクシストへ!IoTなどの活用で変わる医療
  3. 医療分野のAI活用例!工程管理などに役立つIoT ソフトウェア開発企業をお探しなら
  4. 医療分野でAI活用するメリットとは?ソフトウェア開発には重要な品質の高いプログラミング技術を持つ会社選びが重要
  5. 【茨城】ソフトウェア開発のメリット!開発依頼は導入業種にも詳しい専門会社へ!医療分野に強い株式会社ピクシスト
  6. 【茨城】ソフトウェア開発を依頼する会社の選び方!AIによる自動化などシステム開発はご相談を
  7. 茨城でデジタルヘルスの相談は株式会社ピクシストへ!未病に関するソフトウェア設計やシステム開発も
  8. 茨城でデジタルヘルス関連の相談なら開発・導入・特許に詳しい株式会社ピクシストへ!当社のサービスについて
  9. デジタルヘルスの特許調査はお任せ!データ分析やコンサル業務にも対応
  10. デジタルヘルスの特許調査は医療や介護に強い会社へ!特許調査の重要性

医療分野におけるAI活用には様々なメリットがあります!

会社名 株式会社ピクシスト
代表者 関根 章博
設立 2020年10月
資本金 300万円
住所 〒300-0028 茨城県土浦市おおつ野7丁目11−6
電話 029-879-5921
メールアドレス info@pyxist.co.jp
URL https://www.pyxist.co.jp/
事業内容
  • 医療、介護、健康管理に関するシステムの開発
  • 知的財産に関する調査、分析及び情報提供